MENU

BiTEASHOCKの歌が下手なのは当たり前!これからグイグイくるよ!

BiTE A SHOCKってもしかして歌下手なんじゃない?と感じている私です。

BiTE A SHOCKのデビューパフォーマンスの様子が、ちょっとひどかったなと思うのですが、同じように感じている方いませんか?

そこで今回は、本当にBiTE A SHOCKは歌が下手なのかどうか、徹底的に検証してみようと思います!

  • なぜBiTE A SHOCKは下手だと言われてしまっているのか?
  • BiTE A SHOCKに対して、世の中の反応は実際どうなのか?
  • 本当にBiTE A SHOCKは下手なのか?

これらをどこよりも深く追求して、BiTE A SHOCKの真の魅力にも迫っていきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

【関連記事】
BiTE A SHOCKのメンバー全員プロフィールまとめ!一番可愛い&イケメンは誰だ!

目次

BiTE A SHOCK、歌が下手と言われてショック!

“楽器を持たないパンクバンド”BiSHの解散後、すぐに誕生した後継グループであるBiTE A SHOCK

オーディション番組で選ばれた6人のメンバーで構成されたBiTE A SHOCKには、今後の活躍がおおいに期待されています。

ですが、オーディション後のパフォーマンスを見てみたら、なんだか歌が下手なような気がしたのです。

頑張っているのはすごく伝わるんですが・・・。

実際にSNSでも、BiTE A SHOCKの歌が下手という指摘が飛び交っているようです。

BiSHのようなグループをと、活躍を期待していた私にとってこれはかなりSHOCKです・・・(泣)

BiTE A SHOCKのオーディションでは、解散が迫るBiSHのメンバーたちが、必死にオーディションに取り組む姿が見られました。

なのでBiSHのメンバーも、BiTE A SHOCKへの批判的なSNSの投稿を目にしたら、きっと悲しい思いをするのではないでしょうか?

そして、オーディションの最終審査は、視聴者票も反映されるシステムだったので参加されていた方もSHOCKだと思います。

なぜBiTE A SHOCKは歌が下手だと言われてしまっているのでしょうか?

考察も含め、徹底的に深掘りしてみました!

BiTE A SHOCKの歌が下手だといわれる理由!

BiTE A SHOCKの歌が下手だと言われている原因や理由について詳しく調べ、考えてみました。

見えてきた5つの原因や理由は以下のとおりです。

  • 下手なのは緊張していたから!
  • BiSHと比べてしまっているから下手に感じる!
  • BiTE A SHOCKの歌は難しいから!
  • わざと下手にしてるのかも?
  • ヤラセ疑惑という先入観が下手に感じさせる!?

詳しく解説していきます!

緊張して本来の力が出ていなかった!

SNSなどで広まっているBiTE A SHOCKは歌が下手だという評判は、デビューパフォーマンスの歌唱に関する視聴者の評価から生まれているようです。

確かに、私がBiTE A SHOCKの歌は下手かも?と感じたのも、デビューパフォーマンスの様子を見たときでした。

実際に映像を何度も見ていますが、どうしても声が不安定な部分が気になってしまいます。

デビューパフォーマンスの様子は以下のX(旧 Twitter)の投稿をご覧ください。

でもデビューパフォーマンスなので、緊張などから思うように声が出なかったり、いつものようにはいかなかったりしたのではないかなとも思います。

さらにBiTE A SHOCKは、より強い緊張状態にならざるを得ない状況にいたのです。

それは、BiTE A SHOCKがデビューパフォーマンスをしたのは、なんと日テレの音楽イベント「THE MUSIC DAY」だったからです。

初めてのパフォーマンスを、そのような大きなイベントで、約9000人の観客の前で行うなんて、非常に稀なデビュー歌唱のパターンなのではないでしょうか?

そして驚くべきことに、BiTE A SHOCKはこのデビューパフォーマンスを、オーディション最終審査発表のわずか3時間後に行っているのです!

結成して3時間後、しかも生放送、そして9000人の観客。

周りには豪華な一流アーティストがいるような大舞台です。

デビューパフォーマンス曲の『Patient!!』はオーディション内で幾度となく歌っていた曲ですが、大舞台で大人数の観客に見られながら歌うのとはわけが違いますよね。

本来の実力を発揮できなくても仕方なかったといえます。

しかも「THE MUSIC DAY」の観覧チケットは、番組に出ている出演アーティストのファンクラブ内でしか入手できないチケットです。

つまり観客には、ファンクラブに入るまでのお目当てのアーティストが必ずいるということなのです。

そんなアウェイのなか、BiTE A SHOCKはデビューパフォーマンスでよく頑張ったと私は感じました!

BiSHと比べてしまうから

BiSHと比較をしてしまうということが、BiTE A SHOCKの歌が下手だと感じてしまう一因なのかもしれないと考えました。

BiTE A SHOCKは、オーディションを経て第2のBiSHとして結成されたグループですので、否が応でもBiSHと比べられてしまうのは仕方のないことかもしれません。

実際に私は第2のBiSHとして、BiSHとBiTE A SHOCKをかなり比較して見てしまっていました。

BiSHは長い間プロとして活動しており、歌唱力は確かなものと定評があります。

BiSHのメンバーであるアイナ・ジ・エンドがYouTubeチャンネルの「THE FIRST TAKE」に出演した時は、その歌声に震えてしまったのを思い出します。

アイナ・ジ・エンドの独特なハスキーな歌声で、感情をたっぷり乗せながら歌い上げた様子はプロとしての風格がうかがえるものとなっていました。

その時の映像は以下をご覧ください!

ですが、プロとして8年間も活躍してきたBiSHのメンバーと、デビューしてすぐのBiTE A SHOCKを比べるのはおかしい話ですよね?

生まれたての子鹿に、ダッシュしろと言っているようなもの(笑)

今はまだ差があるのは当然と言えますね!

BiTE A SHOCKの楽曲が難しいから

BiTE A SHOCKのデビュー曲である『Patient!!』。

この『Patient!!』という楽曲自体が難しいので、BiTE A SHOCKは歌が下手だと感じてしまうのではないかと考えました。

ラッパーでアーティストの(sic)boyが制作した「Patient!!」は、困難を克服し闇から這い上がる力強さを表現していて、BiTE A SHOCKのテーマソングとも言えるような曲になっています。

そんなPatient!!は非常にダンサブルでグルーヴ感あふれる楽曲ですが、ノンイントロでの歌いだしや、激しい振り付けが伴う歌唱なので、歌うのは難しいのではないかな?と感じました。

実際、私がカラオケで踊りながら歌おうなんて絶対に無理です(笑)

そんな楽曲を、結成して3時間後のデビューの舞台で、踊りながら歌いきるなんてそれだけですごいことですよね(笑)

プロデューサーの狙いであえて下手にしている?

BiTE A SHOCKは歌が下手だと感じるのは、もしかしたら運営陣があえてそのように狙ったからなのではないかとも考えました。

BiTE A SHOCKのプロデューサーである渡辺淳之介は、常に新しいことをしたいと考えている人物です。

BiTE A SHOCKのプロデュースも斬新な要素を取り入れようと考えている可能性は高いです。

そもそもBiTE A SHOCKのオーディションの募集要項にも、かなり度肝を抜かれました。

日本語を話せれば全人類応募可

こんな内容のオーディションは、聞いたことありませんよね(笑)

そんな奇抜な渡辺淳之介ですから、あえて準備も万端で完璧なデビューにするのではなく、未完成な人間らしいBiTE A SHOCKをわざと見せたのかもしれませんね。

視聴者が親近感を持てて、近くに感じられるからこそ応援できるようなグループを作るという作戦なのかもしれません。

オーディションがヤラセだったから?

BiTE A SHOCKは歌が下手だと感じる要因の1つとして、オーディション自体がヤラセで、実力のある者を選んでいないのでは?という疑念があるからなのではないかと考えました。

オーディションがヤラセだと思われてしまっている理由は以下のとおりです。

  • 結成3時間後のデビューで衣装や靴まで準備できたのはなぜ?
  • 大きなイベントである音楽番組なのでリハーサル等は別日にあるはずなのに、そこはどうしたの?
  • 最終オーディションでの視聴者投票をまったく無視した結果になったから

詳しく解説していきます。

準備がよすぎだけど出来レースだったのでは?説

BiTE A SHOCKのデビューパフォーマンスは、オーディションの最終審査発表からわずか3時間後に行われました。

3時間という短い時間で衣装などの準備を整えるのは可能なのでしょうか?

あらかじめメンバーは決定していて、すでに用意してあったと考えてしまうのも無理はないですよね・・・。

服だけなら、少々のサイズ感が合わなくても適当な用意で間に合うことがあるかもしれませんが、靴までとなるとそうは行きません。

激しいダンスを踊りながら歌わなければならないという場面で、自分の足に合わない靴を履きながらというわけには行きませんよね。

それとも最終審査に残った12人分の衣装を用意していたのでしょうか・・・?

音楽番組には付き物のリハーサルはどうしたの?

一般的に音楽番組では前日や放送前に入念なリハーサルが行われます。

BiTE A SHOCKが出演した「THE MUSIC DAY」は1日を通して行われるイベントのため、リハーサルは何日かに分けて前日までには済ませるようにしていたはずです。

芸能活動20年超えの大御所である久宝留理子さえ、リハーサルをしっかり行っている様子をうかがえるSNSの投稿もあります。

デビューパフォーマンスをするような、ド新人のBiTE A SHOCKがリハーサルなしでイケるわけがないと思うのですが・・・いかがでなのでしょうね・・・?(笑)

さらに、デビューして約30年の高橋洋子さえも、リハーサルはしているというX(旧 Twitter)の投稿もありました。

ですがBiTE A SHOCKが前日までのリハーサルに参加することは、絶対に不可能です。

なぜならBiTE A SHOCKのメンバーが決まったのは、「THE MUSIC DAY」の本番当日だったからです。

なのでBiTE A SHOCKが前日までのリハーサルには不参加だったというのは確実ですよね。

ですが本番のBiTE A SHOCKのパフォーマンスでは、カメラ目線をバッチリ決めたメンバーが、格闘技のリングの半分もないようなステージの上に立ち、歌いながら激しいダンスを披露していました。

もちろんまったくリハーサル無しで、本番に挑んだというわけではないと思います。

実際のステージを使ってというようなリハーサルはできなかったと思いますが、擬似的なリハーサルは行ったことでしょう。

でもそれだけでついさっきまで素人でカメラワークの「カ」の字も知らない者たちが、あのような大きな舞台でパフォーマンスができるのでしょうか?

少々モヤモヤが残りますよね・・・?(笑)

視聴者票無視の最終結果にヤラセを感じる

BiTE A SHOCKの最終審査は、2人1組の対決方式でした。

1対1でどちらがふさわしいかを視聴者票が1票、WACK代表の渡辺淳之介票が1票、BiSH票が1票、合計3票でより多くの票を獲得したメンバーが勝者となりデビューするという内容でした。

一見公平性の高いような投票方式ですが、実際の投票結果は渡辺淳之介とBiSHの票が全部一致していたのです。

視聴者票渡辺淳之介票BiSH票
竜青VS雄哉雄哉竜青竜青
リコVSはなのはなのはなのはなの
沙織VS真彩沙織沙織沙織
梨菜VS季咲季咲梨菜梨菜
暖人VS虹希虹希暖人暖人
真人VS貴市貴市真人真人

渡辺淳之介票と、BiSH票が完全に一致しているということは、視聴者票が誰であっても意見が反映されることはないということですよね。

これでは出来レースと思われても、否定できない部分が出てきてしまいますよね。

このような疑念から、実力で選んだわけではないので、歌が下手だということに批判的な意見に繋がってしまったのかもしれません。

【ネットの評判】BiTE A SHOCKの歌は下手なの?

実際にBiTE A SHOCKの評判にはさまざまな声が挙げられています。

BiTE A SHOCKの歌は下手だと、どのくらいの方が感じているのか、世の中のリアルな声に耳を傾けてみました。

するとやはりBiTE A SHOCKの「THE MUSIC DAY」でのデビューパフォーマンスは、見るに堪えないというような声が目立ちました。

BiTE A SHOCKは歌が下手すぎるという意見の投稿を、いくつかご紹介いたします。

さらに、第2のBiSHを名乗っているのにもかかわらず、男性がグループにいることに違和感を感じているようなBiSHのファンたちの声もありました。

こちらです↓↓

一方で、結成からわずか3時間後のパフォーマンスを絶賛し、今後の活躍に期待する声も存在します。

緊張もあってか、BiTE A SHOCKのメンバーも思うように声が出せなかったのかもしれないという見方もあり、応援の声もたくさん見られるのでいくつかご紹介いたします。

結局のところ、BiTE A SHOCKのパフォーマンスに対する評価は分かれており、今後の活動に期待と応援の声もある一方で、改善の余地があると感じるファンもいるようですね!。

BiTE A SHOCKの歌が下手すぎて炎上した?

BiTE A SHOCKの歌唱は下手すぎて放送事故とまで言われてしまっていたので、炎上していたと言っても過言ではないですね。

ただ、歌が下手というだけが理由ではなく、いくつかの要因が影響しているように思います。

まずは、BiTE A SHOCKが自らを第2のBiSHと位置づけていることから、BiSHとの比較を免れないということが炎上に繋がっていると考えられます。

BiSHは長い間にわたり確立された実力派グループであり、BiTE A SHOCKがその後継となることに対しての厳しい評価をされてしまっているように思います。

BiSHへの熱い想いがBiTE A SHOCKへの批判に繋がってしまっているようなものをいくつかご紹介しますね。

また、BiTE A SHOCKのオーディションの投票システムに、疑問を抱いたことが影響しているとも考えられます。

特に最終審査の視聴者投票の結果に納得がいってないという方が多く、批判的な声があがっており、以下のSNS投稿でも確認できます。

さらにBiTE A SHOCKのプロデューサーである、WACK代表の渡辺淳之介のやり方に対する批判的な意見もあります。

渡辺淳之介の斬新とも思える戦略は、一部の人々には理解されていなようで、炎上に拍車をかけてしまっているのではと感じました。

以下のSNSの投稿でも、運営陣への不満の声が確認できます。

結果的にBiTE A SHOCKの炎上には、これらの要因が重なっておこってしまったため、単なる歌が下手という問題だけではないということが言えますね!

BiTE A SHOCKはこれから歌がどんどん上手くなる!

SNSなどでは、はっきりとBiTE A SHOCKは歌が下手だと言われてしまっています。

しかし元をたどれば、BiTE A SHOCKのオーディション自体、歌や踊りがうまいということに重点を置くものではありませんでした。

WACK代表の渡辺淳之介がオーディション中に強調していたのは『人間性』でした。

ときにはドッキリのように人間性を試すようなテストをオーディション内で取り組んでいたのです。

自分のことばかりではなく、周りの事も考えられるような人間性が必要ということを大事にしてきたのです。

そして、芸能界は厳しい世界であるからこそ、熱意を持ち、一生懸命にやりきれる人材を求めていたように感じます。

なので歌やダンスのスキルがまだ未熟であったとしても、それは選考基準においては二の次だったので仕方ないということです(笑)

しかし選ばれたBiTE A SHOCKのメンバーたちは日々レッスンを重ね、順調に成長している姿を見せてくれています。

以下の動画は、「THE MUSIC DAY」から2週間後に東京国際フォーラムで行われた、BiTE A SHOCKのお披露目ライブでの様子です。

見てみると、明らかに歌もダンスも進化しているのがわかります。

HARUTOの魅力あふれる歌声
RYUUSEiの声質や優しいファルセット
MAHiTOの力強さと唯一無二感
SAORiの可愛らしさとのギャップ
RiNAの独特な透明感
HANANOの表現力や華

メンバーそれぞれに無限大の可能性を感じる事ができます。

まだまだ始まったばかり。

これからの活躍が非常に楽しみですね!

まとめ

今回はBiTE A SHOCKは歌が下手なの?ということに関して詳しく追求してご紹介しました。

BiTE A SHOCKは歌が下手と言われてしまうのは、いくつかの要因が重なってしまっていたからだと言えます。

しかし、BiTE A SHOCKのメンバーはデビュー後に着実な成長を遂げ、お披露目ライブではその実力を示したといえるでしょう。

グループとしてももちろん、メンバーの個性にも注目しながら、今後の活躍を期待し応援していきましょう!

最後まで御覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次