MENU

原菜乃華の演技力が上手すぎて引くレベル!過去出演ドラマと映画を一気見したい!

原菜乃華って、本当に演技が上手いですよね。

あまりに原菜乃華の演技力が上手いので、過去の出演作品で彼女の演技力を振り返りたくなります。

そもそも、原菜乃華って、なんでこんなに演技力が上手いんでしょうか?

原菜乃華がここまで見る者を惹きつける演技力の持ち主だと、その演技力の高さの根底が気になりますよね。

そこでこの記事では、原菜乃華の過去出演作品を確認して、原菜乃華の演技力が上手い理由を徹底解剖します。

更に、原菜乃華の演技への評価が高まっている理由も、深掘りします。

目次

原菜乃華の演技力が上手すぎる!

原菜乃華は、子役時代から役者として目覚ましく活躍しています。

そのため、長いキャリアを積んだ原菜乃華の演技力は、確かなものです。

原菜乃華の演技に対する評判を見ると、原菜乃華の演技力が下手という口コミはほとんどなくて、多くの人が彼女の演技力の上手さに感動しています。

そこで、原菜乃華の演技力が以下に上手いか、過去の出演作品を用いて確認しましょう。

原菜乃華の演技力がどれほど上手いのか証明できる5つの作品を、注目すべき原菜乃華の演技のポイントと共に紹介します。

  1. 「ナイトドクター」の原菜乃華は複雑な役を器用に演じる
  2. 「真犯人フラグ」の原菜乃華は印象的な役にハマッている
  3. 「罪の声」の原菜乃華は作品のカギとなる圧倒的な存在感を放つ
  4. 「ナンバMG5」の原菜乃華は従来のイメージを壊す演技力
  5. 「朝が来る」の原菜乃華は年齢を超越した出産シーンを熱演

「ナイトドクター」の原菜乃華は複雑な役を器用に演じる

ドラマ「ナイトドクター」に出演した原菜乃華は、岸優太演じる深澤新の妹・心美を演じています。

心美は重い病気を患っているのですが、そんな妹のためにプライベートを犠牲にする兄を、とても心配する優しい妹。

心美は言葉選びこそ強気なのですが、心の奥底で深澤をとても思いやっているのです。

そんな互いを思いやる兄妹愛を、心美を演じる原菜乃華がものすごく上手く表現しています。

YouTubeに投稿されていた動画で、「ナイトドクター」の原菜乃華の演技力を見てみましょう。

32秒あたりから、原菜乃華演じる心美が、兄が自分の死後自分のドナーになりたがっている真剣そうな表情で説明しています。

実の兄がドナーになりたがっているという複雑な心境を、原菜乃華の体当たりの演技力で上手く表現していますよね。

原菜乃華演じる心美は、普段は明るくて天真爛漫な性格。

ですが、妹の病気を感情的に心配する兄のことになると途端に真剣な表情になって、自分の病気に対する現実を冷静に諭すのです。

そんな陰陽を併せ持つ複雑な心美を、原菜乃華は見事に演じ切ったのでした。

「真犯人フラグ」の原菜乃華は印象的な役にハマッている

ドラマ「真犯人フラグ」で、原菜乃華は西島秀俊演じる主人公・凌介の娘である光莉を演じています。

光莉は心優しい女子高生ですが、作中で拉致監禁という悲劇に巻き込まれているのです。

しかも、光莉の拉致監禁は自作自演によるものと、恋人のストーカーによる犯行でした。

こちらは、「真犯人フラグ」に出演した原菜乃華の演技力が分かるYouTubeの動画です。

原菜乃華演じる光莉は、恋人・一星のストーカーのせいで拉致監禁に巻き込まれたことをネットで配信すると発言しています。

一星への憎しみと愛に葛藤しながら涙を流す原菜乃華の演技力は、見る者を惹き付けます。

清楚系の役柄を演じることが多い、原菜乃華。

「真犯人フラグ」で演じた光莉もまた、見た目は清楚で可愛らしい女子高生でした。

しかし、その内情は家出のために自作自演で拉致監禁に巻き込まれて、ナルシストで自意識過剰な恋人とそのストーカーの板挟みにあう泥沼の女性。

視聴者にとって、そんなギャップの激しい光莉は、まさに作品のシンボルともいえる強烈な存在だったのです。

キャラが濃すぎる光莉を演じた原菜乃華は、作中で視聴者の印象に強く残る絶対的な存在感を放っています。

「罪の声」の原菜乃華は作品のカギとなる圧倒的な存在感を放つ

映画「罪の声」に出演した、原菜乃華。

作中で原菜乃華は、食品会社に脅迫行為をした犯罪者の娘を演じています。

脅迫行為の犯人は、金銭の受け渡しのために、実の子供の音声を利用していたのです。

原菜乃華演じる望も、脅迫行為に自分の音声を使われた子供の一人でした。

原菜乃華演じる望は、まさに作品のキーパーソンともいえる存在です。

望を演じている原菜乃華は、犯罪者に利用されたという深い悲しみを、作中で繊細かつ大胆に表現しています。

「罪の声」の原菜乃華の演技力を確認できる動画はありませんでしたが、Xで「罪の声」原菜乃華の存在感に言及しているユーザーは多数います。

以下は、「罪の声」で原菜乃華演じる望の哀しい境遇が印象に残ってる、というポストです。

「罪の声」を視聴するにあたって、原菜乃華の演技に注目しない選択肢はありません。

きっと、この作品を見た人の9割以上は、原菜乃華の演技力を高く評価するでしょう。

それだけ、原菜乃華は映画「罪の声」で圧倒的な存在感を放っているのです。

「ナンバMG5」の原菜乃華は従来のイメージを壊す演技力

ドラマ「ナンバMG5」での原菜乃華は、従来のイメージを覆す役柄を演じています。

なんと、「ナンバMG5」で原菜乃華が演じたのは、ヤンキー女子中学生。

ヤンキー役なんて、どう考えても、普段の原菜乃華のイメージとは真逆ですよね。

しかし、原菜乃華はそんなギャップのある役すらも熱演してしまったのです。

原菜乃華のヤンキー役を見られるYouToube動画が、ありました。

ヤンキーであることを隠して高校に通う兄と同じ高校を受験すると、原菜乃華演じる吟子が動画の4秒あたりで語っています。

弾ける笑顔が印象的な、元気なヤンキー少女を演じていることが伝わりますね。

原菜乃華は、ヤンキーを演じるにあたって、ギャルやヤンキーのピースの仕方を勉強したと明かしています。

ものすごく演技に貪欲で、原菜乃華自身の演じることへの愛を感じるエピソードですよね。

今まで演じたことのない役にも、全力で挑む原菜乃華…

そんな演技へのポテンシャルの高さが、「ナンバMG5」における原菜乃華の演技の大きなポイントでしょう。

「朝が来る」の原菜乃花は年齢を超越した出産シーンを熱演

ドラマ「朝が来る」に出演した際、原菜乃華はまだ12歳でした。

そして、原菜乃華は作品の中で中学生で子供を妊娠・出産するという、ショッキングな役を演じています。

当然、ドラマの中では原菜乃華の出産シーンも、ありました。

原菜乃華の出産シーンは、とても12歳の少女が演じているとは思えない、痛烈で深刻なものです。

ドラマを見た視聴者は、そんな年齢を超越したシーンを演じる原菜乃華に、感動。

「朝が来る」の原菜乃華は、自分の年齢を理由にしない演技力の高さで、多くの視聴者を虜にしたのです。

「朝が来る」の原菜乃華の演技力を確認できる動画は、残念ながらありません。

しかし、Xでは多くのファンが「朝が来る」の原菜乃華の出産シーンについて、語っています。

このユーザーが言っているように、原菜乃華が演じた出産シーンは、絶叫系の凄まじい演技でした。

12歳で出産シーンなんて、普通はNGを出しそうですよね。

しかし、原菜乃華はそんなスリリングなシーンも、全力で演じ切りました。

原菜乃華は、演技をするうえで自分の限界を決めないプロ意識の高い女優なのです。

原菜乃華、演技力が上手すぎて評価がうなぎ登り

原菜乃華は、その演技力の上手さから、業界でも高い評価を得ています。

でも、何故ここまで原菜乃華の評価がうなぎ登りなのでしょうか?

もっと可愛くて印象に残る女優や、演技力だけで勝負できる女優はたくさんいますよね。

女優がたくさん輩出されている現代で、何故原菜乃華だけがこんなにも高評価を得ているのか、非常に気になります。

原菜乃華は、体当たりの演技でどんな役でも自分に取り込む。

そのため、演技力を高く評価されていると考えられるのです。

それでは、原菜乃華はどんなスタンスで演技に挑み、演技力を評価されているのでしょうか?

原菜乃華の演技力に対する評価がうなぎ登りになっている要因を、見ていきましょう。

  1. 原菜乃華は狂気の演技が上手すぎる
  2. 原菜乃華は演技の振れ幅が広いため使いやすい
  3. 原菜乃華は役に対する熱意が半端ない

原菜乃華は狂気の演技が上手すぎる

原菜乃華が出演した話題作といえば、ドラマ「泥濘の食卓」です。

「泥濘の食卓」で、原菜乃華は異常さを誰よりも上手く表現しています。

「泥濘の食卓」で原菜乃華が演じたのは、近所の同級生・ハルキと仲が良い深愛に嫉妬心を抱くちふゆです。

ちふゆはハルキに歪んだ愛情を抱いており、ハルキの興味を引くためにハルキに迷惑行為を繰り返します。

ある日ちふゆとハルキは喧嘩してしまうのですが、ちふゆは、ハルキが怒る姿を見て恍惚の表情を浮かべるのです。

更にちふゆは、ハルキと仲が良い深愛に対する嫉妬心から、深愛にカッターを振りかざします。

原菜乃華は、こんな狂った痛々しいちふゆを、まるで自らの分身のように自然に演じているのです。

ここまで狂気じみた異常なちふゆの言動や行動を熱演できるのは、憑依型女優の原菜乃華ぐらいではないでしょうか。

つまり、狂気に長けた演技力の持ち主ゆえ、原菜乃華はオンリーワンの存在感を放つ。

だからこそ、原菜乃華の演技力は高く評価されていると筆者は思うのです。

原菜乃華は演技の振れ幅が広いため使いやすい

狂気じみた役を演じるのが上手い原菜乃華ですが、「どうする家康」ではか弱いヒロインを演じています。

また、劇場版「ミステリと言う勿れ」では、恋心を隠し切れない可憐な女子高生も熱演。

一般的な女優は、その人のイメージに沿った役を演じることが多いですよね。

しかし、原菜乃華は前衛的な役も一般ウケする役も、何でもこなせるのです。

この原菜乃華の役の振れ幅の広さは、まさに高評価の要因といえます。

原菜乃華は役に対する熱意が半端ない

原菜乃華は映画「すずめの戸締まり」で、ヒロイン役の声優を担当しています。

「すずめの戸締まり」のヒロイン役が決定したとき、原菜乃華は泣いて喜びました。

オーディションに受かるのは嬉しいことですが、涙を流してまで喜びを表現する女優は、なかなかいないですよね。

これだけ本気で作品と向き合ってくれたら、監督やスタッフ、ひいては視聴者もとても嬉しいでしょう。

こういった原菜乃華の演技に対する熱心な姿勢が、各方面からの高評価に値するのです。

「すずめの戸締まり」で演技力が評価されて以降、原菜乃華の話題性は一気に上昇。

以後、原菜乃華は様々な話題昨に引っ張りだこになりました。

つまり、原菜乃華にとって「すずめの戸締まり」は大きな節目だったのです。

ヒロインに抜擢されたことを泣くほど喜んだ作品が、自身の大きなターニングポイントになる…

それも、原菜乃華が熱意を持って芝居に取り組んだがゆえの結果ではないでしょうか。

これだけ心を込めて作品と向き合って結果を出せる女優は、高評価せざるを得ないですよね。

原菜乃華の演技力が上手い理由は?

原菜乃華はたしかに演技力が上手いですが、何故ここまで魅力的な演技をできるのでしょう。

役者は誰だって、演技に本気で取り組んでいるはずです。

それに、演技力が上手い役者は、ほかにもたくさんいます。

それなのに何故か原菜乃華がテレビに出ていると、彼女の演技だけに見入ってしまう…

不思議ですよね。

原菜乃華の演技力がずば抜けて上手い理由…

それは、原菜乃華の演技に対するポテンシャルが高すぎるからです。

具体的に、原菜乃華の演技力が何故こんなに上手いのか、理由を確認しましょう。

  • 原菜乃華は演技に対してストイックだから演技力が上手い
  • 原菜乃華は役柄のリアリティがすごいから見入ってしまう
  • 原菜乃華は演技下手といわれるほど再現度が高い

原菜乃華は演技に対してストイックだから演技力が上手い

原菜乃華は、実は子役時代からキャリアを積んでいます。

4歳の頃からドラマに出演している原菜乃華は、演じることが大好きなのです。

そして、大人になった今でも、原菜乃華は演技に対してストイックな情熱を抱いています。

映画「罪の声」で、女優として一皮むけた原菜乃華。

「罪の声」で哀しい人生を送る女子高生の役を演じた原菜乃華は、その演技力の高さから一気に世間に注目されるようになります。

この話題性が原菜乃華の演技に対する情熱に、拍車をかけたのです。

一度演技力を高く評価された原菜乃華は、その後も貪欲に様々な役柄にチャレンジしました。

大抵の役者は、演技力を評価されたら天狗になります。

しかし、原菜乃華は有名になってもあぐらをかかず、ひたすら高みを目指しました。

このストイックさは、原菜乃華の高い演技力に大きな影響をもたらしているでしょう。

原菜乃華は役柄のリアリティがすごいから見入ってしまう

原菜乃華はどんな役柄を演じても、本当に存在するようなリアリティを見せてくれます。

狂気じみた役柄も、可憐な女子高生も、か弱い姫も、リアリティたっぷりに演じてくれるのです。

「ナンバMG5」での原菜乃華は、ヤンキー女子を演じるために、可愛らしさを封印。

まるで本当に根っからのヤンキーのような振る舞いを見せていました。

このリアリティこそが、原菜乃華の高い演技力の根源といえます。

原菜乃華は演技下手といわれるほど再現度が高い

原菜乃華の演技力が上手いのは間違いないのですが…

原菜乃華は、あまりに演技が上手くて再現度が高いため「演技下手」と言われてしまったこともあります。

ドラマ「ナンバMG5」でヤンキー女子を演じた原菜乃華は、普段の清楚で天真爛漫なイメージを封印しました。

「ナンバMG5」で原菜乃華演じる吟子は、ヤンキーということでクールで表情にバリエーションがありません。

「ナンバMG5」での原菜乃華は、あまりにクールすぎて「表情に動きがなくて演技下手」という評価が、飛び交ったのです。

しかし、これは原菜乃華の役柄の再現度が高いから。

つまり、原菜乃華は見る人の印象を左右するほど、高い演技力の持ち主なのです。

たしかに表情に動きがないと、演技が下手なのかなと思ってしまいますよね。

でも原菜乃華の場合、それも計算済みで表情を殺して、ヤンキー役に挑んだのです。

役者の仕事は自分の演技を押し付けるのではなく、役になるきること。

そう考えると、自分のチャームポイントである笑顔を押し殺してまで役柄を再現する原菜乃華の演技力は、非常に上手いといえます。

この役に入り込む再現度の高さは、原菜乃華が演技が上手い大きな理由なのです。

原菜乃華の過去出演ドラマ

原菜乃華は、2009年にJ-beansネットスカウトオーディションに合格して以降、様々なドラマに出演してきました。

原菜乃華の存在を世に知らしめた「朝が来る」のほかにも、「侍戦隊シンケンジャー」など、特撮作品にも原菜乃華は出演しています。

原菜乃華が色々な作品に出ていることは分かったけど、どれくらいの作品に出演しているの?と、過去出演作品が気になますよね。

そこで、原菜乃華の過去出演ドラマをリストアップしました。

原菜乃華の過去出演ドラマ

・浅見光彦シリーズ28 高千穂伝説殺人事件〜歌わない笛〜
・侍戦隊シンケンジャー 第34幕
・浅見光彦〜最終章〜 第4話
・一応の推定
・タクシードライバーの推理日誌26
・日経スペシャル ガイアの夜明け
・警視庁南平班〜七人の刑事〜2
・秘密諜報員 エリカ
・嘘の証明 犯罪心理分析官 梶原圭子2
・外科医 鳩村周五郎11
・ホリック〜xxxHOLiC〜
・小京都連続殺人事件2
・夫のカノジョ 第7話・第8話
・ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します〜
・サイレーン 刑事×彼女×完全悪女 第2話・第7話 – 最終話
・朝が来る
・CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 episode.2
・二つの祖国
・ベビーシッター・ギン! 第3話
・MIU404 第7話
・おもひでぽろぽろ
・死との約束
・ナイト・ドクター
・真犯人フラグ
・恋の病と野郎組 Season2 第3話・最終話
・ナンバMG5
・ナンバMG5 特別編「全開バリバリでアリガト」編
・村井の恋 第3話 – 最終話
・波よ聞いてくれ
・こむぎの満腹記
・泥濘の食卓
・大河ドラマ どうする家康 第44回 – 最終回

子役としてデビューしてから、原菜乃華はこんなに多くの作品で活躍してきました。

特に「泥濘の食卓」や「ナイトドクター」は、原菜乃華の演技力が高く評価された作品です。

原菜乃華はまだ20歳ですが、既にこれだけの話題作品に出演しているとなると、今後の伸びしろがとても楽しみですね。

原菜乃華の過去出演映画

原菜乃華は、ドラマだけでなく映画にもたくさん出演しています。

特に2020年に公開された「罪の声」は、原菜乃華にとって大きなターニングポイントとなった作品でした。

原菜乃華の過去出演映画を、見てみましょう。

原菜乃華の過去出演映画

・BOX 袴田事件 命とは
・Lieland
・地獄でなぜ悪い
・ピラメキ子役恋ものがたり〜子役に憧れるすべての親子のために〜
・3月のライオン
・はらはらなのか。
・無限ファンデーション
・罪の声
・胸が鳴るのは君のせい
・ヘルドッグス
・ミステリと言う勿れ
・恋わずらいのエリー
・推しの子

飛ぶ鳥を落とす勢いで人気の原菜乃華は、2024年冬公開予定の「推しの子」への出演も決定。

ほかにも過去には「3月のライオン」や「ミステリと言う勿れ」などの話題作品にも出演しています。

「ミステリと言う勿れ」では、可愛らしい女子高生を演じたことで、一気に人気が高まりました。

ドラマと比較すると映画の出演本数は少ないですが、原菜乃華の演技力は映画でも十分証明されています。

まとめ

原菜乃華の演技力は、どの作品でも遺憾なく発揮されていました。

そして、原菜乃華はどんな役柄でも自分のものにして、全力で取り組みます。

そんなストイックな姿勢が、原菜乃華の演技力が上手いという高評価に繋がっているのです。

また、原菜乃華は演技をするうえで常に熱意を忘れません。

真摯な姿勢で演技に向き合って、あぐらをかかずにひたすら邁進する…

そんな原菜乃華の前向きなスタンスが、彼女の演技力の上手さに繋がっているのです。

原菜乃華が今後も演技力をどんどん伸ばせることを、心から祈るばかりです。

【原菜乃華の関連記事】

原菜乃華の現在彼氏は誰?過去歴代の熱愛相手5人が素敵すぎる!

原菜乃華が子役時代に出演したドラマまとめ!かわいいし演技力もヤバすぎる!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次