MENU

羽鳥アナがTVでキレたのはなぜ?24時間テレビへの怒りとは?ネットの声も紹介!

あの温厚な羽鳥アナがTVでキレたのはなぜしょうか?

羽鳥アナは度々TVでTV局側に怒ったり批判することがありましたが、

その行動には「より良いものを視聴者に届いたい!」という気持ちがよく見えます。

そこで今回は、2023年11月29日にモーニングショーに出演した羽鳥アナがキレたのはなぜか?これまでの羽鳥アナが切れたシーンをネットの声も共にお伝えします!

目次

羽鳥アナがキレたのはなぜか?

羽鳥アナがTV出演中にキレたのは、なぜでしょうか?

アナウンサーといえば、事件やニュースなどを読み視聴者に分かりやすくお届けしたり、番組を円滑に進めることが仕事ですね。

しかし、羽鳥アナは視聴者への気持ちが強く、TV局側が羽鳥アナにとってよくない行動やよくないニュースの際はよく自身の気持ちの話をしている印象があります。

羽鳥アナのこの行動が、視聴者の気持ちを代弁しているようだと、視聴者からの人気が高いです。

羽鳥アナがキレた理由

最近、羽鳥アナがTVでキレたのは2023年11月29日羽鳥アナが出演するテレビ朝日系「モーニングショー」にて、

24時間テレビでの寄付金着服問題がとり上げられた時でした。

羽鳥アナは

「30年間、日本テレビ系列の社員としてこの番組(24時間テレビ)に携わって寄付金に対してこういう思いなんだと…『なんなんだ、この人は』と私は思います」

「みなさんの善意の上に成り立っているのが『24時間テレビ』で、寄付はお金という形で受け取ってるわけですけど、みなさんのこういうふうにしてくださいって思いを預かっているわけですよね。それを完全に1人の人間が裏切ったということ。単なる着服じゃ済まされないですね。非常に悪質な事案だなと怒りを感じております」

と、キレていました。

羽鳥アナは2011年から13年連続24時間テレビの総司会を務めているだけ、24時間テレビに対して思入れが強いでしょうから、怒りもその分強かったでしょう。

羽鳥アナがキレた事件の内容

2023年11月28日に日本海テレビにて、日本テレビ系列日本海テレビの元経営戦略局長(53)が、チャリティー番組「24時間テレビ」の寄付金など含めた1118万あまりを着服していたことが発表されました。

着服していた1118万あまりのうち、寄付金は264万6020円だそうです。

私たち視聴者や会社の売り上げを不正に着服していると思うとムカつきますね!

元経営戦略局長は、寄付金に関して募金終了後に社内で保管されていた分を一部勝手に持ち出し、自身の口座に入れていたようです。

24時間テレビの関係者でこんなことしている人は他にいないかもしれませんが、1人でもいると疑ってしまいますね。

元経営戦略局長は懲戒解雇になり、全額を弁済する意思を示しているようです。

しかし、今回、羽鳥アナがキレたのは、お金を着服したこともそうですが、

視聴者の募金と共に届けたかった想いを無碍にした、と感じているからではないでしょうか?

羽鳥アナがキレたことに対してのネットの声

着服に怒りを露わにした羽鳥アナに対して、「当然だ」「羽鳥アナの怒りはもっとも」などの声が多くありました!

24時間テレビを良いものにしたいという羽鳥アナの気持ちも踏み躙るような事件だと思います。

この事件を発端にほかのところでも着服事件がないことを祈るばかりです…

羽鳥アナが24時間テレビでキレたシーン

24時間テレビは名の通り1日通して生放送での番組です。

そのため、放送事故などがあったりします。

その中でも羽鳥アナがキレたシーンをお伝えします!

「まだお母さんがしゃべってましたけど…」

2018年8月25日26日放送分の24時間テレビでの出来事です。

12歳の義足の少女 松永琴寧さんが富山県北アルプスの立山登山に挑戦した時です。

26日朝5時から芸人のイモトアヤコとともに、登り始めて16時頃、無事登頂できました。

山頂で松永琴寧さんは、泣きながらお母さんに感謝の手紙を読みました。

山のふもとでその手紙を聞いていた松永さんのお母さんは、羽鳥アナに感想を求められ、

涙ぐみながら「パパも琴寧をずっと応援していたよ」と、感想を述べようとした際に、話を遮るように画面が切り替わりました。

羽鳥アナははじめ困惑気味に

「いいんですか、まだお母さんしゃべってましたけど…」

と苦い顔をしていました。すこし間が空いた後

「お母さんがしゃべっているのを遮るのはあまりよくないんじゃないですか」

と羽鳥アナが話し始めたところ、再び画面が切り替わり、芸人のひょっこりはんが写ったのです。

その後、ひょっこりはんが武道館についた芸能人を紹介していきました。

24時間テレビでキレた羽鳥アナへのネットの言葉

この羽鳥アナの言葉に賞賛の声が寄せられています。

24時間テレビは生放送の都合上、時間が押してしまうこともあるかもですが、人が話している時に遮るのは良くないですよね!

きっと松永さんのお母さんの言葉を聞きたかった人はたくさんいたでしょう。

そんな中、TV局側の行動に対してしっかり「よくないです」と言ってくれた羽鳥アナはかっこよかったです。

まとめ

今回は羽鳥アナがキレたのはなぜ?をお伝えしました!

羽鳥アナの人柄やさらに良い番組にしようという情熱なとが感じられますね。

それにしても、この着服した元経営戦略局長のせいで、24時間テレビへの不信感が募ってしまいました。

2024年は24時間テレビはあるのでしょうか?

今後の羽鳥アナの活躍とともに気になるとことですね!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次