MENU

小池徹平がクズ役ばかりやるのはなぜ?干された過去や奥さんとの関係は?

不倫疑惑で世間を賑わせ、芸能界から遠ざかっていた篠田麻里子が不倫妻役となったことで話題となっている「離婚しない男」。

篠田麻里子の不倫相手役は、以前からクズ男役の演技に定評がある小池徹平です。

奪い愛シリーズやギルティ、大恋愛などの人気ドラマでも怪演が話題になっていました。。。

一方、爽やかで甘いマスクの持ち主であり、俳優としてのキャリアも十分であるにも関わらず、クズ役を引き受けている印象があるため、疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

今回は、小池徹平がクズ男を演じ続けている理由について考察していきます!

心配されている奥さんとの関係についてもチェックしていきましょう。

目次

小池徹平はなぜクズ役ばかりやっているのか?

小池徹平がクズ役を引き受け続けている理由としては、

  • 本人がやりがいを感じているから
  • 干された過去があり、仕事を選ばないようになったから
  • プライベートでもクズな面があるから

の3つが考えられます!

それぞれ詳しく見ていきましょう。

小池徹平本人がクズ役にやりがいを感じている

実際、小池徹平は

「昔は爽やかな役が多かったですけど、クズだったり、バカだったり、ヤバい役の方がやりがいはすごくあるなぁという気がしますね」

というコメントを以前出演したドラマのインタビューで残しており、クズ役を演じることにやりがいを感じている可能性は非常に高いと言えるでしょう。

過去は外見に似合う爽やかな役をこなしており、世間には爽やかでイケメン、非の打ちどころのない好青年として定着してファンも多くついたからこそ、「爽やかに見えて実はクズ」という役がぴったり、とも言われています。

ファンからは悲しむ声も上がっていますが、小池徹平自身が「“ヤバい役”は楽しい」と感じられるのであれば、今後もオファーが続くでしょう。。。

干された過去があり、仕事を選ばなくなったから

今でこそクズ役などで人気を博している小池徹平ですが、実は「干されたのでは?」と言われている時期がありました。

ウエンツ瑛士とのデュオ「WaT」の解散を発表した2015年前後は、テレビで見かける回数が少なくなっており、「ジャニーズ事務所の陰謀?」「ウエンツ瑛士との不仲や格差?」などと噂されていたようです。。

一方、そのように仕事が減って苦しい時期を経験している小池徹平だからこそ、仕事を選ばずに引き受け、全力でこなすことの大切さを痛感している可能性は大いにあるでしょう!

「離婚しない男」のクズっぷりにはドン引きした人も多そうですが。。俳優としての覚悟が感じられますね。

プライベートでもクズな面があるから

小池徹平がクズ役を引き受け続けられるのは、プライベートでもクズな面があるからではないでしょうか?

実際に「小池徹平がクズである」という報道などは上がっていません。

しかし、あまりにクズ役がハマっており、不倫ドラマでは激しい濡れ場が話題になることも多々あることから、家庭を心配する声も上がっています。

離婚などにつながらないか、心配ですね。。。

小池徹平の奥さんは永夏子!家庭は円満なのか?

小池徹平は女優であり心理カウンセラーでもある永夏子と結婚しており、子供もいます!

以前は永夏子がインタビューにて夫婦円満の秘訣を語るなど、幸せな家庭であることを世間にアピールしていましたが、最近の様子は全く情報が上がってきていません。。。

永夏子のインスタの更新が止まっていることから、家庭がうまくいっていない可能性は高いのではないでしょうか?

ドラマの撮影中はクズ役に振り切りつつ、家庭内ではよき夫としてコミュニケーション、というのも非常に難しいでしょうし、今後が心配ですね。。。

小池徹平がクズ役を演じている過去のドラマは?

小池徹平は「離婚しない男」のほかにも、過去のドラマでクズ男を演じています。

  • 風間公親 教場0
  • ギルティ~この恋は罪ですか?~
  • 奪い愛、夏
  • コンフィデンスマンJP
  • 大恋愛~僕を忘れる君と

など、多くの人気作にて、強烈なクズ役として出演されているため、ぜひチェックしてみてください!

まとめ

「離婚しない男」の間男役で話題となっている小池徹平は、過去作でもクズ役を演じており、ご自身もクズ役にやりがいを感じているようですね!

一方で、ご家庭やファンからの評判は心配になってしまいます。。。

俳優業に振り切るのも良いですが、爽やかイケメンらしく円満な家庭をキープしてほしいものです。

「離婚しない男」は始まったばかりですし、今後の小池徹平の活躍に期待しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次