MENU

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメン過ぎる!でも実はボケ担当のお兄さん!

リンダカラー∞のDenって、すごくイケメンですよね。

リンダカラー∞のDenは、外見だけじゃなくて性格も、芯のあるイケメン

そんなDenですが、実は意外と抜けている部分があって、憎めないヤツなんです。

この記事では、リンダカラー∞のDenのカッコいいイケメンな画像やエピソードを、たくさん紹介します。

また、リンダカラー∞のDenがカリスマになる前の情報も詳しくお話しするので、ぜひ最後まで目を通してください。

目次

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメンでカッコいい!

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメン過ぎる!でも実はボケ担当のお兄さん!

リンダカラー∞のDenは、シュッとした風貌に派手な髪色、そしてカチッとしたファッションがカッコいいですよね。

リンダカラー∞のDenのファンには、イケメン好きな女性を始め、男性もたくさんいます。

女性からモテるだけでなく、男性からも支持があるというのは、リンダカラー∞のDenのカリスマ性が本物だということを示していますね。

昔から、カリスマ性のある人物は、老若男女問わず人の心を魅了する要素を持っている傾向にあります。

華やかな中にもトレンドを取り入れたファッションを身に纏っていて、さり気ないお洒落を見せてくれるのが、リンダカラー∞のDenのカッコいいところです。

そして、リンダカラー∞のDenは、見た目だけでなく内面もカリスマでイケメンなのです。

今回本記事で紹介するリンダカラー∞のDenのカッコいい部分は、以下のとおりです。

  1. 外見がオシャレ
  2. 親近感を感じさせる
  3. 芯がある
  4. 名前すらイケメン

それでは、リンダカラー∞のDenのイケメンな部分を、確認しましょう。

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメンでカッコいい!① 外見がオシャレ

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメン過ぎる!でも実はボケ担当のお兄さん!

リンダカラー∞のDenのイケメンなところといえば、やはり外見でしょう。

リンダカラー∞はれっきとしたコントグループですが、Denの見た目はホスト風の派手な風貌。

固定概念にハマらない外見は、リンダカラー∞のDenの大きな特徴で、カッコいいといわれる理由です。

カリスマには、見た目で人を惹きつける魅力がなければいけません。

リンダカラー∞以外にもカリスマネタを披露するイケメン芸人には、以下の方々がいます。

カリスマ風イケメン芸人

・オリエンタルラジオ 中田敦彦
・ぱーてぃーちゃん すがちゃん最高No.1

上記のどの芸人も、見た目の華やかさがネタのカリスマぶりに負けていません。

リンダカラー∞のDenも、ぱっと見ただけで心を持っていかれてしまう、華やかな見た目をしています。

金髪にスマートな体つきで一見チャラそうなのに、サングラスでどこか知性を感じさせるのが、Denの見た目におけるイケメンなところ。

以下は、リンダカラー∞のりなぴっぴがXに投稿した、私服姿のDenの画像です。

まるでファッション雑誌から飛び出してきたような、おしゃれな装いですよね

女性ファンは単純に「イケメンでカッコいい!」と思いますし、男性ファンはついつい「憧れる!」「Denのようになりたい!」と思ってしまいますよね。

リンダカラー∞のDenは、見た目だけで様々な人に多大な影響を与えている本当のカリスマなのです。

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメンでカッコいい!② 親近感を感じさせる

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメン過ぎる!でも実はボケ担当のお兄さん!

2023年12月31日に放送された「ぐるナイおもしろ荘」で、リンダカラー∞のりなぴっぴは、Denの嫌なところを暴露していました。

なんと、りなぴっぴいわくリンダカラー∞のDenは、お金にだらしないのです。

ネタの中では完全無欠のカリスマで、見た目もイケメンなDenがお金にだらしないなんて、にわかには信じ難いですよね。

反面、リンダカラー∞のDenがお金にだらしないという事実は、親近感を感じさせます。

リンダカラー∞のDenのカリスマ性は本物ですが、もしも欠点がなければ、ここまで世間に愛されていないでしょう。

ネタではみんなを牽引するカッコいいセリフを言っていますが、私生活では意外と抜けている部分がある…

そんなDenの憎めない部分に、ついつい「欠点も隠さないところがイケメン!」と共感してしまうのです。

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメンでカッコいい!③ 芯がある

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメン過ぎる!でも実はボケ担当のお兄さん!

リンダカラー∞のDenは、リンダカラー名義の頃に、若手芸人が企画に挑戦するバラエティ番組「ウケメン」に出演しています。

「ウケメン」内で、リンダカラーは一番後輩でした。

そのため、Denは周囲に舐められないように、常に睨みを効かせて本気を見せつけながら、企画に挑んでいたのです。

リンダカラー∞のDenは、見た目こそ軽そうですが、芸人としてのバイタリティなかなりのもの。

Denは決して芸人という仕事を甘く見ておらず、昔から芯の通った姿勢でネタに取り組んできたのです。

こだわり抜いた芸を徹底したキャラづくりと自分のスタイルで見せてくれるのは、リンダカラー∞のDenのイケメンたる所以です。

言動と行動が一貫していることこそが、カリスマの掟。

リンダカラー∞のDenのブレない部分は、見ていてついつい「イケメンだなぁ」と感嘆してしまう要素です。

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメンでカッコいい!③ 名前すらイケメン

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメン過ぎる!でも実はボケ担当のお兄さん!

リンダカラー∞のDenの本名は、田晃世(でん こうせい)といいます。

Denの本名は、まるで少年漫画の主人公のような、カッコいい名前ですよね。

リンダカラー∞のDenは、見た目も性格もイケメンですが、それだけでなく本名もイケメンだったのです。

Denの本名はあまり知られていませんが、もしリンダカラー∞に興味を抱いた人がDenの本名を知ったら「カッコいい!」と更に好感度を抱きますよね。

リンダカラー∞のDenは、見た目から名前まで、様々な部分でイケメンぶりを発揮しています。

リンダカラー∞のDen、カリスマの前はボケ担当!?

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメン過ぎる!でも実はボケ担当のお兄さん!

リンダカラー∞のDenは、カリスマぶりを見せつける「カリスマンザイ」でファンを抱腹絶倒させています。

しかし、リンダカラー∞名義になる前のリンダカラー時代のDenは、ボケを担当していました。

リンダカラー時代のDenは、ツッコミのたいこーに突拍子もないネタを投げかけるスタイルで漫才をしていました。

リンダカラー∞になってからの「カリスマンザイ」とは異なるネタの魅せ方ですが、Denの「面白さを追及する」という姿勢は当時からブレていません。

リンダカラー時代のDenのボケには、以下のようなものがあります。

リンダカラー時代のDenのボケ

・自分がお化けかもしれないと突然言い出す
・グルメな宇宙人が来たところを妄想する

観客を笑わせるためにどんなことでもネタにして、時には無理があるような設定ですら笑いの要素に変えるのが、Denのやり方です。

以下が、リンダカラー時代のDenの様子を納めたネタ動画です。

怪奇!YesどんぐりRPGのメンバーとコラボしていますが、Denの喋り方は今のカリスマンザイとは違ってややおっとりしていますね。

しかし、Denの披露しているネタからは、自分の面白いと思うことを真っ直ぐそのまま伝えようという強い思いが伝わります。

そんなDenの芸人としての意識の高さは、まさにカリスマであり、イケメンといえるのではないでしょうか。

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメンすぎる画像まとめ

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメン過ぎる!でも実はボケ担当のお兄さん!

リンダカラー∞のDenは、見るものを惹きつけるようなカリスマぶりを披露してくれる、正真正銘のイケメンです。

下記の画像は、リンダカラー∞のDenのイケメン度が分かる画像です。

同じくリンダカラー∞のりなぴっぴのXに投稿されたDenの画像のポストですが、まるでモデルのような出で立ちですよね。

ポージングもバシッと決まっていて、Denのイケメンぶりとカリスマぶりが画像から伝わってきます。

ここからは、リンダカラー∞のDenがどのようにイケメンなのか、以下の内容でお届けします。

  1. リンダカラー∞のDenはカリスマになる前からイケメン
  2. リンダカラー∞のDenはファンにもイケメン対応
  3. リンダカラー∞のDenのイケメンぶりに対するファンの反応

具体的に、リンダカラー∞のDenのイケメンさが伝わる画像を、確認しましょう。

リンダカラー∞のDenはカリスマになる前からイケメン

リンダカラー∞は、りなぴっぴが加入する前の2021年までリンダカラー名義で活動していました。

リンダカラー時代のDenは、今よりまだあどけなさが残っていましたが、既にイケメンだったのです。

以下の画像は、りなぴっぴが加入する前の2021年のDenです。

今より少しシンプルめなファッションですが、Denは昔からイケメンだったことが分かりますね。

リンダカラー時代のネタは「カリスマンザイ」ではありませんでしたが、当時からDenはイケメンだったので、女性に高い人気があったと筆者は予想します。

リンダカラー∞のDenはファンにもイケメン対応

リンダカラー∞のDenは、Denのためにわざわざ着替えて写真を撮りにきたファンと、ツーショットを撮っています。

そんなDenのイケメン対応を納めた画像があるので、確認しましょう。

以下の画像が、リンダカラー∞のDenがファンとツーショットを撮っている画像です。

Denと写真を撮ってもらったファンは、とても嬉しそうな顔をしていますね。

また、ファンの隣でポーズを決めるDenの表情も、カッコいいです。

気取らずにファンと写真撮影をするところも、Denのイケメンな部分ですよね。

リンダカラー∞のDenのイケメンぶりに対するファンの声

SNSでは、カリスマなDenのファンが「Denはイケメンでカッコいい!」と称賛の声をポストしています。

以下のように、Denのファンは「Denがカッコいい」「面白いと思ったらただのイケメンで羨ましい」など、Denの人となりを真っ向から肯定しているのです。

SNSでのDenのファンのポストに中には「Denの雰囲気がイケている」というものも、ありました。

リンダカラー∞及びDenのファンは、Denのイケメンぶりを、高く評価しています。

Denの見た目や雰囲気がカッコいい画像を、見てみましょう。

こちらの写真では、Den以外の人物がファンシーな格好をしているのに、Denだけ凛とした顔立ちでポーズを決めています。

どんなシーンでも男らしく見えるDenの雰囲気は、まさにイケメンですよね。

また、Denは以前テレビ番組でラップを披露していました。

以下は、ラップをしているDenの画像です。

こちらの画像のDenはネタをしているときとは違って、チョイ悪な雰囲気がカッコいいです。

ファンは、リンダカラー∞のDenを様々な角度から見て「イケメン」と感じているのでしょう。

Denがカリスマになったのはいつから?

リンダカラー∞のDenのカリスマがイケメン過ぎる!でも実はボケ担当のお兄さん!

リンダカラー∞のDenは、2022年からカリスマとしてネタを披露しています。

2021年までのDenは、見た目こそイケメンでしたが、ネタの中ではまだカリスマキャラではありませんでした。

2022年以前のDenは、どちらかといえば「クレイジーな発想の男の子」という印象だったのです。

Denがカリスマになったのは、りなぴっぴが加入してリンダカラー∞名義になり、カリスマンザイをするようになってから。

リンダカラー∞の現在のネタは、たいこーとりなぴっぴがカリスマのDenを崇め奉る内容の「カリスマンザイ」です。

そして、リンダカラー∞がカリスマンザイをするようになったのは、2022年にりなぴっぴが加入してからでした。

以下が、Denがカリスマになってからのリンダカラー∞のカリスマンザイです。

りなぴっぴが加入して、Denが真ん中でカリスマエピソードを披露するスタイルの漫才になりました。

Denの喋り方もハキハキしていて、イケメンっぽい雰囲気がひしひし伝わってきますよね。

リンダカラー∞のDenは、たいこーに突拍子もないボケをぶつけるリンダカラー時代のデンから、大きくキャラ変したといえるでしょう。

現在Denは「カリスマ」「イケメン」と、りなぴっぴからもファンからもちやほやされています。

Denのキャラ変は、大成功といえるでしょう。

まとめ

リンダカラー∞のDenは、内面も外見もイケメンで正真正銘のカリスマです。

特にリンダカラー∞のDenの性格は芯があって、熱いことが過去のエピソードからよく分かりました。

Denのイケメンぶりが分かる画像も紹介しましたが、Denは雰囲気もカッコいいですよね。

ワイルドなのに凛とした空気も纏っているDenは、間違いなくいい男といえるでしょう。

リンダカラー∞が芸人として今後も成長していく限り、Denもどんどんカッコいいイケメンになっていくと思われます。

リンダカラー∞のDenは、これから更に多くの人を魅了するカリスマイケメンであり続けるでしょう。

【リンダカラー∞の関連記事】

リンダカラー∞のりなぴっぴのプロフィールと経歴!なぜ芸人になったのか?

リンダカラー∞Denの彼女はりなぴっぴなのか?二人の馴れ初めは?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次