MENU

櫻井海音の演技力が下手なのは仕方が無い理由!いつか爆発する可能性大!

実写版ドラマ「推しの子」でアクア役を演じることで話題の櫻井海音ですが、演技力がいまひとつじゃない?と思っている方も多いかと思います。

実際に、櫻井海音の演技は下手なのでしょうか!?

この記事では、櫻井海音の演技は本当に下手なのか?櫻井海音の演技が下手な理由は?作品別の演技力や評価について解説していきます!

是非最後までご覧ください。

目次

櫻井海音の演技力はちょっと下手

ミスチルの桜井和寿の息子で知られる櫻井海音ですが、「演技力はいまひとつ」という意見があります。

櫻井海音はミスチルの桜井和寿の息子で、そのルックスの良さで話題の俳優です。

櫻井海音は、2024年放送予定のPrimeドラマ「推しの子」でアクア役に抜擢されました。

「推しの子」といえば漫画やアニメが大ヒットした大作で、実写化にもかなりの注目が集まっています。
櫻井海音が演じるアクアは、作中でかなりの重要人物です。

しかし、櫻井海音にアクア役が務まるのか少し心配な部分があります。

理由は、櫻井海音の演技力です。

櫻井海音が務めるアクアは「推しの子」の重要人物というだけではなく、シリアスなシーンとコミカルなシーンの切り替えなど、難しい演技が要求される役です。

SNSでも櫻井海音の演技に対し、心配という声が上がっています。

  • 推しの子実写化ってマジ?! しかもアクアが櫻井海音って本気?! 申し訳ないけど心配しかない。
  • 櫻井海音くんは顔面最強だけど演技そんなに上手くないからアクア役心配…

たしかに櫻井海音はまだ俳優としての経験が浅く、演技力も他の実力派俳優たちと比べるといまひとつかもしれません。

「推しの子」は漫画もアニメも大ヒットした大作ということもあり、「本当に櫻井海音にアクア役がつとまるの?」と心配な気持ちにも頷けます。

櫻井海音過去のドラマでの演技力評価も下手?

櫻井海音は過去のドラマでの演技力も度々「下手」だと評価されています。

では、櫻井海音は今までどんな作品に出演していたのでしょうか?

櫻井海音の主な出演作品を挙げてみました。

  • 2021年「水曜日22時だけの彼」
  • 2021年「つまり好きって言いたいんだけど」
  • 2023年「アオハライド」
  • 2023年「VIVANT」

櫻井海音の出演作品を見ながら、それぞれの演技について解説していきます。

2021年「水曜日22時だけの彼

2021年放送のYouTubeで放送されたソーシャルドラマ「水曜日22時だけの彼」で、櫻井海音は石川瑠華と共に主演を務めました。

櫻井海音の自然な演技が印象的で、まるで自分が櫻井海音の彼女になった様な気分になることができます。

相手役・石川瑠華視点でのシーンでは、櫻井海音の料理している演技や眠っている演技からリアルな彼氏感を感じました。

また、櫻井海音の不自然さを感じさせない素敵な笑顔も魅力的です。

YouTubeのコメント欄でも、「可愛すぎる」や「自然体のイケメンが見れるなんて幸せ」など歓喜の声が溢れており、櫻井海音の自然な演技が好評だったことが分かります。

2021年「つまり好きって言いたいんだけど」

2021年放送の深夜ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど」にて、櫻井海音は主演を務めました。

「つまり好きって言いたいんだけど」は、幼馴染のマネージャーと俳優の2人が、同じ目標に向かって奮闘していく中で芽生える恋心を描いたドラマで、櫻井海音の恋愛の切なさを感じさせる繊細な演技が強く印象に残っています。

SNSでは、この作品の櫻井海音の演技に対する投稿は少なかったのですが、「ミスチルの桜井和寿の息子の櫻井海音がかっこいい!」という声が多く見られました。

櫻井海音の端正なルックスと父親譲りの甘い声は、世の女性が夢中になってしまうのも頷けますね!

2023年「アオハライド」

2023年放送のドラマ「アオハライド」では、主演の洸役を櫻井海音が務めました。

タイトルの「アオハライド」は「青春に乗る」という意味で、本編もタイトル通り高校生の甘くて切ない青春を描いた作品です。

しかし、櫻井海音のことを「アオハライドで下手だった人」と評価している投稿がありました。

実際にアオハライドでの櫻井海音の演技を見てみると、演じる洸がクールな役ということもあり少し棒読み気味に感じます。

実力派俳優と比べると、櫻井海音の演技はたしかに少し違和感があるかもしれません。

2023年「VIVANT」

2023年放送のドラマ「VIVANT」は堺雅人が主演を務めるドラマです。
櫻井海音は主人公・乃木(堺雅人)の若い頃、18歳の時の役を演じていました。

「VIVANT」は実力派俳優陣が勢ぞろいのドラマでしたが、櫻井海音の演技を好評する意見もありました。

SNSでは「堺雅人と櫻井海音が似ている」という投稿が多く、演技についての投稿はあまり見られませんでした。

しかし、中には「櫻井海音はVIVANTでの演技力がすごかった」という投稿もありました。

いくつかのドラマ出演を経て、櫻井海音の演技力が実際に上がったのかもしれませんね。

櫻井海音の演技力が下手な理由

櫻井海音の演技がいまひとつな理由は、演技経験の少ないからではないでしょうか。

演技というのは作品出演経験が大事と言われているのに対し、櫻井海音は圧倒的に作品出演経験が少ないんです。

実際、櫻井海音は役によっては演技が棒読み感じてしまうなど、演じる役の得意不得意があるように感じます。

櫻井海音は高いルックスの持ち主なので、これからの活躍に期待です!

櫻井海音、ドラマ数をこなして演技力は向上

櫻井海音は演技が下手という意見もありますが、作品をこなすにつれて演技力の評価も上がっています。

実際記事で紹介したドラマを見てみると、2021年から2023年に掛けて演技力が上がっていると思います。

特に直近の「VIVANT」では、「演技が上手い!」と良い評価が見られました。

実写版「推しの子」を通じて、演技力が向上する可能性もあるのではないでしょうか?

「推しの子」で演じるアクアという役は、自分の感情の出し方を模索しながら演技をシーンがあり、櫻井海音と似ている部分があります。

また、アクアと櫻井海音には親が有名であるという共通点もありました。

櫻井海音の演技とアクアがマッチして「推しの子」をきっかけに櫻井海音がブレイクする可能性も充分考えられます。

「推しの子」の監督も、このような共通点を感じて櫻井海音をアクア役として抜擢したのかもしれません。

個人的には、「アクア」の複雑な心情を櫻井海音がどのように演じるのかとても楽しみです!

まとめ

今回は、櫻井海音の演技力が下手なのは仕方が無い理由!いつか爆発する可能性大!について解説しました。

櫻井海音は、作品出演経験が少ないこともあり演技力がいまひとつだと思われがちですが、直近の作品での演技は好評なので今後の演技力向上に期待できるということがわかりました。

2024年冬に放送される実写版「推しの子」での櫻井海音の演技も楽しみですね!

【櫻井海音に関する記事】

櫻井海音の父親はミスチルの桜井和寿!?ってことは母親はあの人?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次