MENU

NHK紅白2023に藤井風が出ない理由って何? やっぱり選考基準がおかしい?

2023年末のNHK紅白歌合戦に藤井風、あの藤井風が出演しないってなんか釈然としませんよね。

藤井風はなぜ紅白2023に出演しないのか?

その理由が知りたくなりませんか?

公式には発表されていませんが、藤井風が2023年のNHK紅白歌合戦に出場しない理由を考察してみました。

この中に正解があるはずですww

是非最後までご覧になってください!

目次

NHK紅白2023に藤井風が出ない理由って何?

2023年のNHK紅白歌合戦の出場歌手は11月13日に発表されたのですが、白組歌手の中に21年と22年に連続出場している「藤井風」の名前がありませんでした。

今の日本の音楽シーンを代表するあの藤井風が・・・ですよ。

紅白から落選しました。(今のところ)

「マジありえねー」って思ったのですが、やっぱりそう思ったのは僕だけではなかったようです。

募る思いは別で語るとして、まずは2023年の紅白に出場しない理由が知りたい!

だけど、公式には欠場の理由なんて発表されていません。

ならば理由を考えてみよう・・・と思いまして、藤井風が2023年の紅白歌合戦に出ない理由をじっくりと考えてみました。

リアルに中々いい線いってるのでは無いかと思うのですが、どうでしょう?

理由1:藤井風のスケジュールが合わなかった

まず考えられる理由が、藤井風のスケジュールが合わなかったということ。

ワールドワイドで活躍している藤井風です。

我々が想像しているようなスケジュール感ではない事は確か。

寝る時間も無いくらいに忙しくしていることでしょう。

そうすると、数ヶ月先のスケジュールでもおさえる事が出来ないってのは普通にあり得そうですよね。

だけど、実態はちょっと違うかも・・・

NHKの紅白側からオファーがあるかもしれないというのは、過去2回紅白に出演している藤井風側からするとわかりきっている事です。

藤井風が2023年の紅白に出る気があるなら、ハナから12月31日の紅白の時間帯はスケジュールは空けておきますよね、普通。

もし仮に、スケジュールが合わない事が理由で紅白に出ないのであれば、表面上の理由はスケジュールが合わなかったということになります。

しかしながら、実質的には「藤井風がNHKからのオファーを意図的に断った」ということになると僕は思います。

理由2:藤井風がNHKのオファーを断った

理由1に近いのですが、藤井風が紅白に出ない理由は、素直に紅白に出たくない事をNHK側に表明して、オファーを断った可能性があります。

NHKの紅白歌合戦は色々と成約が多い割にギャラも安い事で有名です。

しかも、最近は昔ほどそんなに視聴率が有るわけでもない。(とはいえ、まだまだ大きな影響力はあるかとは思いますけども)

昔なら、NHKからの依頼だからどうにかして出演しなきゃ・・・みたいな考え方があったのかも知れませんが、今はもう令和ですからね。

21年、22年の紅白出場を通じて、藤井風が自分らしさを出せる演出をして貰えない・・・と認知したのなら・・・なら話は別です。

わざわざそんな窮屈な歌番組に出る必要なんてありませんよね。

藤井風は知名度なら既に十分にありますし、日本のおじいちゃんおばあちゃんにまで聞いてほしい・・なんて藤井風も思ってないと思いますし。

だったら、無理して2023年のNHK紅白に出る理由には・・・ならないよね、と思います。

著者は、この理由が最も正解に近いのではないか?と感じています。

理由3:NHK側がオファーを出さなかった

ひょっとすると、2023年にあった藤井風のステルス布教の騒動を理由に、NHK側が2023年の紅白歌合戦へのオファーを出さなかった可能性があります。

2023年の春頃ですかね、この話題が持ち上がったのは。

藤井風が自身の歌を利用して、サイババの教えを布教しているのでは?というのを週刊誌が報道してSNSで炎上していました。

実際に藤井風は父親がサイババのことを慕っており、その影響を受けているとしていますから、当たり前に藤井風が作る作品にサイババ色が出ていたりします。

例えばアルバム名

HELP EVER HURT NEVER

日本語訳にすると、「常に助け、決して傷つけない」という意味です。

実はこの言葉、サイババの名言の一説の後半部分で、全部を1文にすると

Love all serve all help ever hurt never

です。

日本語訳にすると、「すべてを愛してすべてに奉仕しなさい。そして常に助けなさい、決して傷つけてはいけません。」といった意味になります。

僕は別にだからなんだっての?と思いますが、

藤井風の言葉だと思っていたのに、サイババの言葉だったからショック

とか

藤井風の作品だと思っていたら、サイババの言葉の引用だった。その事をきちんと告げるべき

みたいな方もいらっしゃるわけです。

受け取り方、感じ方はそれぞれで良いと思いますが、ただそういった受け取り方をする人が一定数いたという事は事実のようです。

こうした、ちょっとセンシティブな宗教的な話で炎上してしまったために、NHK側が事を荒立てないように2023年の紅白歌合戦のオファーをしなかった、という可能性も捨てきれません。

NHK紅白2023の選考基準はおかしいのでは?

藤井風が紅白に出演しない理由を述べてきましたけど・・・・

そもそもね、2023年の紅白ってジャニー喜多川の性加害問題があって急遽ジャニタレの出演がなくなって、NHKとしてはキャスティングがメタメタになったんだと思うのですよ。

それはそれは、大変だったんだろうと・・・・その結果大泉洋が歌手枠で出場とか・・・もうそれだけで笑えます。

いっそのことマスクドシンガーとかけてマスク被って歌ってもらうとか・・・あ、マンウィズの中の人と実は入れ替わってましたとか、マンウィズが出てきたらなんか一人多いんだけど・・・みたいな演出だと面白いかも。

おっと。

話を戻します。

2022年も言われていましたよね、紅白の選考基準おかしいのでは?って。

若者の視聴率欲しさにK-popを強引にねじ込んだの、僕は忘れていませんよ、NHKさん。

IVEとLE SSERAFIMに、話題性だけのTHE LAST ROCKSTARS。

あの選考は無いです。

全く選考理由が分からない。

ちなみに、2022年も2023年もNHK紅白歌合戦の選考基準は

「今年の活躍」「世論の支持」「番組の企画・演出」

の3点。

IVEもLE SSERAFIMもTHE LAST ROCKSTARSも、どう考えても2022年に活躍はして無くて・・・話題先行だったでしょ・・

まだデビューしてないとかデビュー直後だったりとか、おかしいよね、と僕は感じています。

それと同じで、今回藤井風が出演しないのにも大きな疑問を感じざるを得ません。

何か特別な理由があるなら、公表してほしい・・というのが本音ですけども、残念ながらそれはないのでしょうね。

藤井風は紅白に出る理由がないのかも?

僕が思うに、自分らしさを全開にして楽曲を作っている藤井風のことですから、もはやNHKの紅白に出て歌うメリットが無いのかも知れません。

むしろ、紅白の演出が自分に合っていないと感じているのであれば、紅白に出ることはむしろマイナスになる可能性すらあります。

天才的なアーティストって、「こうしたい」という想いが実現出来ない所には行かなかったりするじゃないですか。

それが特に自分のこだわっている分野だったりすると尚更。

藤井風にとって音楽を歌唱する場所で、やりたい事が出来ないのだったら、そんな場所には行かないというのは十分紅白に出ない理由になるのではないかと思います。

藤井風、追加枠でNHK紅白2023には出場する可能性

ここまで、散々藤井風が紅白に出ない理由を述べてきたのですが、

でもね、

結局は2023年のNHK紅白歌合戦に藤井風が出場するかも・・と思ってしまう訳ですよ。

その理由は簡単です。

2021年も2022年も藤井風の紅白出演がアナウンスされたのは、12月に入ってからだからです。

過去2回の出演の発表が、いずれも12月になってから。

だとしたら、紅白に藤井風が出場するとしたら3回目となる2023年も、12月に発表になる可能性は捨てきれませんよね?

むしろ、過去2年を考えればそっちの可能性の方が高いとも言えます。

藤井風ファンのみんな、嘆くのはまだまだ早いです!

まとめ

藤井風が2023年のNHK紅白歌合戦に出場しない理由をお伝えしてきました。

・スケジュールが合わなかった
・藤井風がNHKのオファーを断った
・NHKが藤井風にオファーを出さなかった

このどれかに、必ず正解があるはずです。

でも、まだまだ12月に藤井風の紅白出演がアナウンスされる可能性が残っています。

頑張って応援しましょう!

【紅白歌合戦2023の関連記事】

すとぷりがNHK紅白歌合戦2023で歌う曲はこれだ!まさかの顔出し演出もあるかも!?

紅白歌合戦2023は新しい学校のリーダーズと和田アキ子のコラボが実現!?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次